犬 便秘

犬の便秘を解消にいいドッグフードの選び方

わんちゃんが便秘気味の時は、ドッグフードが原因で便秘になっている可能性もあるので普段食べさせているドッグフードを見直してみるといいでしょう。

便秘のわんちゃんにはこんなドッグフードを

わんちゃんが便秘になったら、まずドッグフードを見直してあげる事も大切です。以下のような条件を満たしたドッグフードを選んでみてください。 ・繊維質を適度に含んでいる ・良質なたんぱく質を含んでいる ・添加物フリー ・グレインフリー

わんちゃんが便秘の時によくある原因

食事が原因で便秘を起こしている時、以下のような事情がよくあります。 ・穀物などの炭水化物をとりすぎている ・おやつをよく食べる ・線維不足 ・食のバランスが悪い 穀物のとりすぎで便秘になっている場合、グレインフリーのドッグフードに変えてみると、炭水化物量も減るので、便秘解消になる事があります。炭水化物の代わりに動物性たんぱく質の量が増えるので、便秘解消、食欲増進、アレルギー対策、肥満防止など、様々なメリットがついてきます。

ワンちゃんの便秘の時におすすめ!「アランズナチュラルドッグフード」

犬が便秘になった時におすすめのドッグフードはいくつかありますが、その中でもアランズナチュラルドッグフードがイチオシです。アランズナチュラルドッグフードは良質なたんぱく質を使っていて、添加物や副産物はいっさい使っていないところがポイント高いです。 線維も含んでいるので、線維不足にならずに済み、腸の働きも活発にしてくれるでしょう。これが便秘解消につながります。アランズナチュラルドッグフードが便秘によく効くと言われているワケには、以下のような理由が挙げられます。 ・人間でも食べられるくらいの高品質 ・亜麻仁などの天然食物繊維が含まれている ・添加物フリー

犬の便秘の原因は?

犬が便秘になっていたら、それには何か原因があります。まずは便秘になってしまった原因を探るようにしましょう。犬の便秘原因にはいくつか挙げられるので、当ページでご紹介していきましょう。

ストレス

人間と同じように、わんちゃんも精神的ストレスによって便秘になってしまう事があります。犬にストレスがたまる要因として代表的なのは、 ・環境の変化(ひっこしなど) ・悪天候 ・不愉快な出来事 この中でもやはり環境の変化が大きいでしょう。新しい家に移った時や、新しい動物が増えた時などはわんちゃんもストレスを感じやすいです。そして緊張によって便秘が続いてしまうのです。

水分不足

水分摂取が足りないと、内臓はどこも悪くなくても、腸にたまった便がかたくなってしまいます。便はかたすぎるとなかなか動かず、出てこれなくなってしまうので、便秘になってしまいます。適度な水が必要でしょう。便が通過しやすくするためにも、水分をこまめにとりましょうね。

薬の副作用

便秘になる前に何か薬を投与したのであれば、その薬が原因となって便秘を起こしている可能性があります。例えばアレルギーを抑えるための抗ヒスタミン剤などです。その他にも利尿剤やバリムなど挙げられます。一時的に便秘になっている可能性もあるので、まずは様子をみてあげましょう。

老化

筋力が低下してしまい、腸のぜん動運動がうまくできなくなってしまっています。老猫でも運動させる事で便秘解消できる場合があります。また、線維不足、カルシウム不足なども腸が不活発になる原因です。繊維質やカルシウムが豊富なドッグフードも売られているので、ドッグフードを見直す事で便秘改善できるでしょう。 原因に基づいた対処をしてあげる事で、安全に便秘改善していけるでしょう。

便秘が続くときの犬の状態は?

犬は便秘が続くとどのような状態になってしまうのでしょうか。愛犬が便秘の時は、いつもより注意深く普段の様子やトイレの様子を観察しましょう。

2日出なかったら便秘認定!

毎日排便していたわんちゃんが、急に2日間も便を出さなかったら、それは便秘と言えるでしょう。何か原因があって便が出てこれなくなっているので、その原因を特定するためにも、ワンちゃんの様子を観察してあげましょうね。

犬が便秘になった時の状態

・トイレに行ってもコロコロの便 ・散歩中もトイレにいかない ・お腹が張って苦しそう ・トイレに行っても出ない ・食欲不振 ・散歩をしなくなる 【解説】 便秘が続くと、わんちゃんは食欲不振になってあまりドッグフードを食べなくなってしまいます。室内トイレを使わせている場合には、毎回トイレのたびに排便チェックしましょう。もしも便が出ていても時間がかかっている、その割にちょっとしか出ない、コロコロした便が出るなどは、便通が悪いサインです。また、普段はお散歩大好きなワンちゃんが急に散歩に行かなくなったら便秘が疑われます。

わんちゃんが便秘になると悪玉菌増殖!

わんちゃんの便秘は、基本的に人間の時と同じです。便秘になると腸内に便がいっぱい詰まってしまうので、腸の中で悪玉菌が増えてしまいます。健康体であれば、悪玉菌と善玉菌がつり合いをとって存在しているのですが、宿便がたまってしまうと善玉菌よりも悪玉菌が強い状態になってしまいます。 となると悪玉菌が勢力を伸ばしてしまい、腸内環境は最悪です。免疫機能にも影響してくる腸内環境なので、悪玉菌が増えて腸が悪化してしまうと菌への抵抗力も弱くなってしまい、体調を崩しやすくなってしまいます!有害物質が腸内で発生し、血液にも入り込み全身に運ばれます。これが発病のもとになってしまう事だってあるのです。

犬の便秘の解消にいい薬は?

愛犬が便秘になったら、飼い主さんはとても心配になってしまいますよね。早く便秘を解消させてあげたくて、便秘薬を使おうと考える事もあるでしょう。わんちゃんが便秘になった時にも、人間と同じように薬を使って対処していいのでしょうか?当ページで確認してみましょう。

ビオフェルミンが有効

ヒト用のビオフェルミンでも、わんちゃんの便秘薬として使うと効果があります。即効性はあまり期待できませんが、ヒト用のビオフェルミンを飲ませて様子をみるの一つの対応策です。ビオフェルミンと言えば乳酸菌も入っていてわんちゃんの健康に良い上に、副作用の心配もないので安心ですよね。

薬以外で治す方法もあります

ビオフェルミンを使って便秘解消していくのもいいですが、必ずしも便秘薬を用いて対処しなければいけないという事ではありません。食事からも便秘を改善する事もできます。それでは、どんな食材がわんちゃんの便秘におすすめなのかお伝えしていきましょう。

食物繊維

食物繊維と言えば、水に溶けるタイプのものと溶けないタイプのものがありますが、どちらのタイプでも便秘に有効です。例えば次のような食材に食物繊維は多いです。 ・かぼちゃ ・こんぶ ・わかめ ・納豆 ・アボカド ・りんご ・レタス 食物繊維を豊富に含むドッグフードを選んであげるのもいいですね。ただしわんちゃんはもともと肉食動物なので、たんぱく質の消化・吸収は得意でも、穀物や食物繊維の消化・吸収は苦手な傾向にあります。食物繊維の与え過ぎには十分に注意しましょうね。

ヨーグルト

人間も便秘になった時、ヨーグルトをたくさん食べて改善しようとしますよね。わんちゃんにもヨーグルトや効果的です。普通のヨーグルトは糖質が入っているので、糖質を使ってないプレーンタイプのヨーグルトがヘルシーでいいでしょう。少しずつあげてみてくださいね。

犬の便秘解消にビオフェルミンはアリ?

わんちゃんが便秘になってしまった時に、ビオフェルミンを使うのもアリです。そこで今回は、ビオフェルミンの便秘解消効果についてご紹介していきます。気になる副作用についてもお伝えしているので、ぜひご参考にしてみてください。

ビオフェルミンが悪玉菌を減らして腸内環境を整える

便秘のわんちゃんにビオフェルミンを飲ませていると、腸内で増えてしまった悪玉菌が次第に減っていき、腸内環境が整ってくるでしょう。ただしすぐに効果が出るものではないので、しばらくビオフェルミンを飲ませ続ける事が大切です。ビオフェルミンは便秘の時だけでなく、下痢や軟便の時にも効果があると言われています。

ビオフェルミンには副作用があるのか

ビオフェルミンには副作用がほとんどありません。便秘薬といってもサプリメントに近いものなので、犬に過剰にあげてしまったとしても、さほど大きな問題にならないでしょう。ただしビオフェルミンに含まれる乳酸菌は腸に届く前に、犬の胃酸によって破壊される恐れがあります。犬は胃酸の量が人間よりも多いので乳酸菌が死滅しやすいので、その分乳酸菌パワーも半減してしまうのが少し気になりますが、全く意味がないというわけではありません。

便秘が治ってきても続けよう

ビオフェルミンを数日間飲ませていたら便秘が改善してきたという場合、すぐ飲ませるのをやめてしまう飼い主さんもいますが、便秘が治ってきても、できれば一週間以上は念のため続けましょう。どうして続けた方がいいのかというと、腸内に増殖してしまった悪玉菌を減らして腸内環境を整えるためにも、最低でも一週間はかかると考えられるからです。

もしもビオフェルミンが効かなかったら

ビオフェルミンをしばらく飲ませてみてもあまり効果がなかった場合、動物病院で診断を受けるようにしましょう。何か大きな病気のサインかもしれません。